化粧水を使った経験をクチコミ


お金をかけたくない人は手作り化粧水

毎月高い化粧水を買って、お金をかけながら美を保っている人もたくさんいるようですね。

最近じゃ手作りの化粧水で美しい美肌をキープするのがトレンドらしいですよ。

人気の化粧水をお肌のお悩み別にランキング形式で紹介します。

手作りの魅力は、なんといっても安くあがることです。だから、お金をかけたくない人にはこの方法が適しています。

手作り化粧水の作り方は、とてもシンプルで簡単なんですよ。ドラッグストアなどで、精製水を買って来て、グリセリンを加えれば完了です。グリセリンさえあれば、化粧水ができるといっても過言ではありませんね。

グリセリンは化粧水の成分として大切な存在で、肌をしっとりと保湿させてくれます。これにはちみつを加えてさらに保湿効果をアップさせたり、柚子を加えると、柚子のヌルヌルした成分で滑らかな肌に仕上げる化粧水が完成します。

そして、クエン酸を加えれば、今話題となっている炭酸化粧水が出来ますよ。ただし炭酸化粧水は肌の弱い人には適していません。血流が良くなり、毛穴の汚れを吸着してくれるので、ざらつきのない美肌に整えてくれるんです。

化粧水を手でつける時のコツ

化粧水は肌に水分を与える効果があります。

人気の化粧水をランキング発表。オススメの化粧水を解説します。

種類は敏感肌、脂質肌、乾燥肌とありますが、つけ方は同じです。

つける時はコットンを使ってつける事ができますが、手で直接つける事もできます。

手で直接つける時のコツは、1度に多くの化粧水を肌につけず、4度から5度に分けてつける事です。

1度に多くつけてしまうと、肌に浸透するまでに時間がかかるし、肌につけている化粧水浸透する前にたれて下に落ちてしまいます。

1度に使う化粧水の量の目安は、500円硬貨の大きさです。 手の平に500円硬貨の量を出した後、すぐに肌につけるのではなく両方の手の平を合わせて、手の平の熱で化粧水を温めます。

そうする事で、化粧水が肌に浸透しやすくなります。

肌につける時は撫でるようにつけた後、つけた部分を手の平全体で抑え、5秒から6秒したら1度手の平をはなし、またすぐに同じように押さえます。

この作業を手の平をはなした時に、肌が手の平につくまで行います。手の平が肌につくのは、化粧水が浸透した表れだからです。